透明になった労働者たち

《透明になった労働者たち》
ミクストメディア、映像
2017年

Exhibition
「群馬の美術2017」
2017.4.22 – 6.25
群馬県立近代美術館
https://bijutsutecho.com/exhibitions/12

友人たちには生活環境の変化が到来している。彼女たちには新しい役割が与えられる。夫をケアする妻、子供をケアする母親、親をケアする娘として。
生まれたばかりの子を育てる母親であったり、認知症の祖母と生活する孫であったり、自分だけでは生命維持できない状態にあるものが依存し、生きること。エヴァ・フェダー・キテイの言うように一方的な依存とは「透明な自己」によって成立するものであり、自分を透明にしなければできない行為である。
認知症の祖母を介護する彼女は、祖母をついいじめてしまう時があり、そのあと後悔して優しくしてしまう、とわたしに話してくれた。彼女は祖母との生活の中で徐々に自分を透明にしていったのだ。同じように生まれたばかりの子を育てる友人は自分のことよりも子を優先し、限られた行動しかできない生活をしている。母も「つらい、つかれた」と言いながらも家事や育児をやめようとはしない。結婚したばかりの友人も次第に透明になっていくのかもしれない。
ケアとは報われない、過酷な行為である。こどもや老人のふと見せる笑顔は何にも変えられない報酬かもしれない。けれども命を預かり、その命に尽くすという過酷な日常は休みなく続く。それを放棄することは許されはしないのだろうか。